« 腸内検査後の経過 | トップページ | 桜並木 »

やはり「潰瘍性大腸炎」でした

先週の火曜に腸内視鏡検査を受け、

採取した細胞の分析結果が出まして、

今日診察を受けてきました。

結果は、「活動期の潰瘍性大腸炎」でした。

(活動期とは症状が悪化しつつある状態だそうな)

先週のうちから、たぶんそうだろうと言われてたんで、

それほど驚きもありませんでした。

今のところ、直腸とS状結腸の中ほどまでなので、

これ以上進行しないように気を付けていきます。

発病原因は分からないそうですが、

なってしもたもんはしゃあないんで、

うまく付き合っていくことを考えなあきません。

とりあえず自分は心臓のことも気になるんで、

これから循環器の先生と消化器の先生とで

話し合いながら進めて行くことになるでしょう。

詳しくはまた後日報告できればと・・・

ではでは、おやすみなさいませm(__)m

|

« 腸内検査後の経過 | トップページ | 桜並木 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはり「潰瘍性大腸炎」でした:

« 腸内検査後の経過 | トップページ | 桜並木 »